燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな

アニメ
カテゴリー

あしたのジョー、最終回の台詞です。

出典元:PhotoAC

「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな」

 

あしたのジョー、不覚にも泣きました。
でも、良く考えると、ものすごく燃え上がるストーリーだけが人生ではないでしょう。
普通のことをコツコツと、地道に、毎日毎日、何十年もずっと積み上げることも、人生なのではないでしょうか?

 

父はサラリーマンで、何十年も一度も休まず、ギュウギュウ詰めの満員電車で朝早く出かけ、夜遅くに帰ってきて、晩酌をして、「うまいうまい」と母の作る料理をいつも感謝しながら食べていました。

父は、誰かに大きな声を上げることもなく、文句を言うこともなく、静かに、そしてもくもくと仕事に打ち込んでいました。
でも、その人生が終わるときは、真っ白に燃え尽きるくらいの達成感を感じるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました